品質の高い近江牛を発祥の地・彦根からお届けします

江戸時代、食肉は禁止されていたが、近江牛は養生薬の名目で売り出されていました。
そして味噌漬・干肉・生肉となって将軍家等へ献上品として贈られていました。
当時の彦根藩井伊家は、幕府に牛皮を毎年献上するのが恒例で、
「江戸時代、公式に牛の屠殺が認められた唯一の藩」でした。
明治になり、西洋文化の影響で牛肉食が始まると、
近江商人の活躍により、近江牛は全国に知れ渡りました。

現在販売中の商品

リブロースブロック
近江牛サーロインブロック 1kg
2020年9月24日
千成亭ファーム(自社牧場)
成形
リブロースブロック
近江牛リブロースブロック 1kg
2020年9月24日
千成亭ファーム(自社牧場)
成形
リブロースブロック
近江牛ヘッドバラブロック 500g
2020年9月24日
千成亭ファーム(自社牧場)
未成形

千成亭加工場のご案内​

千成亭は自社の加工工場を構えており、衛生管理と品質を上記の内容で徹底して行なっております。

牧場のご案内

伝統の近江牛を守り続ける
おいしさの秘密は飼料と水